Wind resistance test

耐震試験

東日本大震災、阪神・淡路大震災クラスの地震波を三次元振動台により再現し耐震強度が必要な製品の評価を実施します。

耐震試験とは
ABOUT TEST

東日本大震災クラスの地震波を再現

東日本大震災は世界観測史上数回しか発生していないマグニチュード9の超巨大地震で、震度は7、揺れが長時間続き、震源近くの家屋や建造物に被害を与える短周期地震動主体という特長がありました。耐震試験では、このような過去の地震を想定した地震波を選定・再現することにより耐震性を確かめることができます。

大型3軸耐震試験装置

大型3軸耐震試験装置

テーブルサイズ  2500mm × 2500mm

  • X 160KN 実測波
  • Y 160KN 実測波
  • Z 160KN 実測波

試験機は弊社が保有するものではなく一例です。試験に適した機材を選定しご提案します。

中型3軸耐震試験装置

中型3軸耐震試験装置

テーブルサイズ  1000mm × 1000mm

  • X 9.8KN 実測波
  • Y 9.8KN 実測波
  • Z 9.8KN 実測波

試験機は弊社が保有するものではなく一例です。試験に適した機材を選定しご提案します。

チェックポイント
  • 装置が転倒しないこと
  • 筐体や構成部品にゆがみやひびなど破損はないこと
  • ネジに緩みがでないこと

巨大地震では多くのものが転倒・破壊され、その下敷きで被害にあったり、道路は倒壊したもので溢れ寸断されたりすることもあります。本震だけでなく、何度となく発生する余震も大きな被害が予想されるため、耐震性には余裕を持った設計が望まれます。

試験例
FOR EXAMPLE TEST

屋内に設置する機器の耐震試験

屋内に設置する機器の耐震試験

対象機器 : 天井に突っ張るタイプの大型家具
実際に起こった大型地震波(東日本大震災震度5強)を再現し、地震に対する製品の耐性を検証

大型サイネージ製品の耐震試験

大型サイネージ製品の耐震試験

対象機器 : サイネージ用大型モニターとスタンド
実際に起こった大型地震波(東日本大震災震度6弱)を再現し、地震に対する製品の耐性を検証

試験の流れ
TEST FLOW

  • 1 試験内容の確認
  • 2 試験で仕様する地震データ選定
  • 3 治具の設計・作成
  • 4 試験実施
  • 5 レポート作成
※耐震試験を実施するには、テーブルに固定するための固定治具が必要になります。 東信電気では治具の設計もサポートいたします。

お見積り・お問い合わせ
CONTACT

信頼性試験のお見積り・ご質問はお気軽にお問い合わせください。

先頭へ