Wind resistance test

温湿度試験

小型の電子機器からATM、宅配ボックス、電子ロッカーなど大型の電子機器・装置の温湿度試験が実施可能です。

温湿度試験とは
ABOUT TEST

大型恒温槽を使うことで、高さ2mを超える大型機器にも対応

電子機器などの試験だけでなく、近年のIOT化に伴い、従来では見られなかったような製品にも電子機器が搭載されるようになったため、設置される環境下を想定して温湿度試験が広く行われるようになっています。

小型機器温湿度試験機

小型機器温湿度試験機

内部寸法(cm) : 幅:60 x 高さ:60 x 奥行:50
温度 : -40~+150℃
湿度 : 20~98%RH

試験機は弊社が保有するものではなく一例です。試験に適した機材を選定しご提案します。
大型機器温湿度試験機

大型機器温湿度試験機

内部寸法(m) : 幅:2.95 x 高さ:2.7 x 奥行:4.0
扉間口(m) : 幅:1.4 x 高さ:2.3
温度 : -30℃ ~ +80℃
湿度 : 10% ~ 95%(+10 ~ +80℃
※高温/低温のサイクル試験も可能

試験機は弊社が保有するものではなく一例です。試験に適した機材を選定しご提案します。
チェックポイント
  • 高温高湿環境で異常なく動作するか
  • 低温動作および低温で電源をONした時に問題なく起動するか など

想定される環境下において正常動作することを確認します。また、耐久性の確認や寿命を予測したり、故障した装置の原因を特定するために、再現確認で使用することもできます。

試験例
FOR EXAMPLE TEST

大型ラックの温湿度試験

大型ラックの温湿度試験

大型ラック
温湿度試験を実施
高温高湿:55℃、90% 低温:-15℃
試験中に数回動作確認を実施

試験の流れ
TEST FLOW

  • 1 試験内容の確認
  • 2 湿度プログラムの作成
  • 3 試験実施
  • 4 レポート作成

お見積り・お問い合わせ
CONTACT

信頼性試験のお見積り・ご質問はお気軽にお問い合わせください。

先頭へ