Wind resistance test

防塵防水試験(IP試験)

屋外に設置される製品の防水・防塵試験を国際規格によって定められた保護等級に基づいてご提案し、水やホコリの侵入の有無を試験します。

防塵防水試験(IP試験)とは
ABOUT TEST

保護等級や製品の大きさにより製品に最適な試験を実施

製品の外郭への異物、ホコリや水に対する保護 等級です。IEC 60529 や JIS C 0920に基づきIP試験を実施いたします。ご依頼の保護等級や製品の大きさにより、試験方法を検討して、製品に最適な試験をご提案します。

防水試験

IPX1 製品上部から垂直に滴下する水に対して保護されている。
IPX2 製品を15度傾けた状態で施品上部から垂直に滴下する水に対して保護されている。
IPX3 製品上部から両側に60度までの角度で噴霧された水に対して保護されている。
IPX4 製品に対するあらゆる方向からの水の飛まつに対して保護されている。
IPX5 製品に対するあらゆる方向からの噴流水(12.5ℓ/min)に対して保護されている。
IPX6 製品に対するあらゆる方向からの暴噴水(100ℓ/min)に対して保護されている。
IPX7 水に浸しても影響がないように保護されている。製品を水中で使用するもの。
IPX8 潜水状態での使用に対して保護されている。
7より厳しい条件の中で使用するもの(試験環境は協議により決定します)

防塵試験

IP1X 直径50mm以上の大きさの外来固形物に対し保護されている。
大人の握り拳が危険個所へ接近しないように保護されている。
IP2X 直径12.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護されている。
指での危険個所への接近に対して保護されている。
IP3X 直径2.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護されている。
工具での危険個所への接近に対して保護されている。
IP4X 直径1.0mm以上の大きさの外来固形物に対して保護されている。
ワイヤー等での危険個所への接近に保護されている。
IP5X 防塵試験用粉塵(直径75μm)が入ったとしても所定の動作および安全性を損なわないように保護されている。
IP6X 耐塵試験用粉塵(直径75μm)が入らないように保護されている。

チェックポイント
  • 各等級にあった内容を確認します。

試験例
FOR EXAMPLE TEST

発電機器のIP6X試験

発電機器のIP6X試験

対象機器 : 発電機器
IPX6 製品の内部を減圧し、一定時間塵埃をかくはんさせて塵埃の侵入がないことを確認する

コネクタキャップのIPX8試験

コネクタキャップのIPX8試験

対象機器 : コネクタキャップ
IPX8 水深1mに1時間沈めて、水の浸入の有無を確認

試験の流れ
TEST FLOW

  • 1 試験内容の確認
  • 2 試験で仕様する地震データ選定
  • 3 治具の設計・作成
  • 4 試験実施
  • 5 レポート作成
※耐震試験を実施するには、テーブルに固定するための固定治具が必要になります。 東信電気では治具の設計もサポートいたします。

お見積り・お問い合わせ
CONTACT

信頼性試験のお見積り・ご質問はお気軽にお問い合わせください。

先頭へ